今ではほとんど違いの無くなったキャッシングとカードローン

様々な金融商品がありますが、用途が似ているせいか比べられやすいものがあります。それが銀行のカードローンと、消費者金融のキャッシングローンです。

 

消費者金融のグレーゾーン金利の問題で法改正がされる前は、カードローンは審査が厳しく低金利、キャッシングローンは審査がおおらかで高金利、と言う違いがあったのですが、現在消費者金融は様々な逆風を浴びている為、金利には制限をかけられ、昔に比べれば審査は厳しくなっています。現状、この2つのローンを比べればカードローンが低利率、高い融資限度額になりますが、そこまで大きな差はありません。

 

強いて言えば消費者金融にはサラ金時代の悪いイメージが有る事と、銀行の金融機関としての信頼感の差でしょう。

 

名称の違いにとらわれずに自分に合う借り入れをする

ですが銀行と金融機関と言う括りでは、返済の仕方に差は出ることがあります。銀行のカードローンでは、リボルビング方式という定期的に一定額を返済する手法が多いですが、キャッシングローンでは一括返済を前提にするケースが多い場合もあります。

 

しかし、近年ではどちらも分割払いや一括での支払いができるようになりましたので、結局のところ、ほぼできる事に差は無い、と言う結論が出てしまいます。

 

実際に今では消費者金融での借り入れに関しても「カードローン」と公式サイト上に書いてある事も多く、文字だけ、聞こえだけの問題で言えばカードローンの方がキャッシングよりも信頼感や安心感が高いようにも思えます。

 

そのため、消費者金融各社ともキャッシング表記ではなく「カードローン」表記をしているという事にもなり、やはりキャッシングにしてもカードローンにしても、商品そのものに関しては特に大きな違いは無いという事になります。

 

名称の違いだけで特にこだわりが無いのであれば、キャッシングやカードローンというものに囚われずに会社ごとのサービスで選ぶのも良いでしょう。