カードローンの利率は審査の結果によって決まる

カードローンの申込をしようとする場合、当然いくつかの信販会社や消費者金融、銀行に申込をして一番有利なところで契約をしたいものですが、カードローンはそれができません。利率を表示しているものの顧客に応じて違いがあるため、自分がどこに該当するのが分かりません。

 

借り入れ限度額も同様です。申し込みをして仮契約の段階で初めて開示されるのです。そのため、有利な融資を選ぼうとすれば、実際にいくつかの金融機関のカードローンに申込をする必要があります。ただ、一般的にカードローンの利率は、融資限度額に応じて決まります。そして、限度額が高ければ利率は低くなるのです。

 

自分の信用ランクが重要となる審査結果

どの銀行も消費者金融も信販会社も融資に当たっては、収益性より回収可能性を重視しています。そのため、勤務先や年収により信用ランクが違ってきます。同一の年収があっても、大企業に勤めている人と派遣の仕事をしている人では信用ランクが違います。

 

信用ランクが高いほど、融資限度額が高くなり、融資の利率が低くなります。しかし金融機関によって信用ランクの付け方には差があります。銀行は厳しいといわれていますし、中小の信販会社や消費者金融は基準が低いといわれています。そのため、両者の顧客層ははっきりと別れていることが多くなります。

 

ただし、いくら消費者金融とは言っても収入が不安定な方や、他社の借り入れが多すぎる方では審査に通ることは難しくなりますので、自分自身の状況をしっかりと把握した上で、申し込みをするようにしましょう。

 

オリックス銀行カードローン