カードローンは返済優先で行うのが基本中の基本

カードローンの利率は低くありません。しかし手軽に借りることができるため非常に利便性が高いです。利息支払額を最低限にして利便性の良さを残すコツは、借りたらできるだけ早期に返すことに尽きます。

 

給料日には最低限の預金残高を残して全額返済するくらいの気構えでいれば、ローン残高はいつも最低限ですし、借りた金額によっては給料日にいったん残高がゼロになるかもしれません。

 

カードローンの利便性を最大限に生かす

このような返済方法を取っていると、次回の給料日までにお金が足りなくなります。当然のことですが、その際はまたカードローンから借りればいいのです。

 

自転車操業ではないかと言われるかもしれませんが、完済した時期から借りる時期までの間は利息が付きません。最低限の利息で済ますためにはこのような手段が必要なのです。

 

カードローンは利便性が高いことが利点です。どうせなら最大限に利用したいものです。

 

契約前の検討がカギ

このような対策を取るためには、随時弁済がしやすいカードローンを選ぶ必要があります。随時弁済がしやすくて、かつ手数料がかからないカードローンとして銀行が挙げられます。

 

もっとも最近は大手信販会社も銀行に負けない商品を企画しています。随時弁済がしやすく、かつ最大限の融資限度額が得られるカードローンを探すことが必要です。