カードローンの自由さが魅力

お金を借りるという行為は、できることならばしたくないことではあります。しかし、マイホームや自動車を買ったりという大きな買い物をする場合には、たいていの人がローンを利用しているのではないでしょうか。

 

こういったものを購入する際のローンは用途が決まっている場合がほとんどです。特定のものを購入するということがあって初めてローンを組むことができるのであり、他のものでは融資を受けることはできません。

 

目的型のローンには無い自由度があるのがカードローン

一方カードローンに関しては、用途を限定されることなく融資を受けることが可能です。これは画期的なローンであると私は思います。なぜなら、なんでお金を借りたいのか、今どれだけ足りていなくて、どのくらいの期間で返済が可能なのかというのを把握した上で、返済が可能であると判断できた場合にのみ融資を行うようにしなければ、返済が滞ってしまった場合には融資をした側が損をすることになるからです。

 

その代わりに金利や限度額によってある程度限定されることになっていますが、自由に使えるという意味ではその分価値があります。ただし、自由に使えるからといって無駄に借りすぎてしまい、返済を別のカードローンで返済するなんてことにならないようにしましょう。