ブラックになるとカードローン契約ができなくなる

カードローンの申し込みをすると個人信用情報機関に個人情報が登録されます。個人信用情報機関とは申し込み履歴、借り入れ履歴、返済履歴などが債務者の利用状況に応じて自動に登録されていく機関です。

 

主に3つの個人信用情報機関が存在し、契約している金融会社によってどこの信用情報機関で自分の情報が管理されるのかは異なります。

 

個人信用情報機関の情報は、金融会社がカードローン申し込み者の融資審査を行う際の参考にする情報ですので、基本的に消費者には関係ないのですが、もしも自分の情報がどのように登録されているのか気になるという場合は情報開示をしてもらうことも可能です。

 

返済に関するトラブルを起こしてしまうと数年間は借りられない

さて、信用情報機関では債務者の返済の滞納や延滞をしたという情報も記録されるようになっており、こういった過失の情報を事故情報、耳馴染みがある言葉に置き換えるとブラック情報と言います。

 

ブラック情報が載ると、今後は借り入れができなくなってしまうというデメリットがあります。借り入れに規制ができてしまうのは一生ではなく一定期間ではありますが、お金を借りたい人にとっては大きなリスクになるため、借り入れは計画的に行い、過失を追わないように返済をしていくようにしましょう。