カードローンは住宅ローンに影響する?

カードローンを借りていると住宅ローンを借りることができないと言われることがあるのですが、果たしてこれは本当なのでしょうか。

 

住宅ローンを組んだ人もいますし、組むことができなかった人もいます。全く影響がないわけではありませんが、必ずしも落ちるわけではありません。ただ、使い方によっては不利になることもあります。

 

カードローンの利用の仕方や残高によっては影響が出る

例えば、借りたお金を約束通り返済しなかった場合、その情報は多くの金融機関で共有されます。ですから、滞納をした事が原因で住宅ローンを組めなくなることもあるのです。契約通りにきちんと返済をしてればこのようなことにはなりません。

 

ただし、住宅ローンの申し込みをする時点でカードローンの借り入れがある場合には、借りる金額によっては審査に落ちることもありますし、借りる事のできる金額が小さくなることもあります。

 

カードローンの借り入れがあれば返済をしていかなければなりません。住宅ローンに返済できる金額が小さくなると考えられますから、結果として借りる事のできる金額が小さくなりやすいのです。

 

このようなことがありますから、影響は全くないとは言えないでしょう。ですから、将来住宅ローンを組むかも知れないと考えている人なら、約束通りきちんと返済しましょう。