キャッシングの借り入れ件数

消費者金融や銀行でお金を借りる際には、合計でいくら借りるかは重要なことですが、借り入れ件数が何件かも重要です。どこからも借り入れが無いのか、1社の利用があるのか、またはそれ以上に複数のカードローンやキャッシングで借りているのかによって、審査には大きな影響が出てきます。

 

実際に何件までなら利用が出来るか、複数とは言っても○件まではOKとする明確な線引きは、どのサービスでも示されていません。どこの金融機関も消費者金融も、公式サイト上には「複数利用はNGです」とも書いていませんが、実際に審査を受けるとするなら、当然ながら複数の多すぎる借り入れ件数では審査はNGとなります。

 

とにかく件数が多ければ不利になる

消費者金融のキャッシングも銀行のカードローンも、借り入れ件数と審査の関係は単純に考えれば良いです。利用をしている件数が多くなれば多くなるほど、審査に対しては弱くなっていきます。

 

どこからも借りていない方に比べて1件でも借りていると弱く、2件を借りていると更に弱くなります。各サービスの基準によりますが、一定の件数のラインを超えてくると、返済が出来ているとしても審査にはほぼ通らなくなり、まずは返済を進めて件数を減らさないと新たな借り入れは出来なくなるのです。

 

多くを借りていればそれだけ返済の負担が大きくなり、新たに貸し付ける金融機関としては、リスクが大きくなりすぎます。そこまでしてリスクのある方に無理に貸す必要はありませんので、カードローンの利用を考えているのであれば、まずは自身の借り入れ件数を今一度しっかりと確認をしておきましょう。