教育資金として借りたい場合にも

オリックス銀行カードローンは事業資金を除けば幅広い用途で利用ができるため、ある程度のまとまった金額が必要となる教育資金としての借り入れにも利用が可能です。入学金や授業料の支払いなど、まとまったお金が必要になった際にもオリックス銀行カードローンは頼れます。

 

限度額内で繰り返し借りられるカードローンの良さもあり、何かとお金がかかる教育資金としての借り入れにもオリックス銀行カードローンは適しています。大きな金額を借りられれば限度額によって金利が下がることもあるため、低負担で借りられる可能性があるのも良い点です。

 

教育ローンと比べた場合

教育資金を借りるとなると、金融機関での教育ローンの利用を考える方もいます。たしかに教育資金としての明確な目的があれば教育ローンの利用も可能ですが、カードローンなどと比べると審査に時間がかかることや、審査自体も厳しくなる傾向にあります。

 

また、教育ローンはカードローンタイプではないことがほとんどのため、限度額内で繰り返し何度でも借りるといった使い方はできません。契約後に融資額を借り入れ、その後は返済を進めていくだけとなります。

 

目的型のローンのために用途を明確にする書類の提出もしなければならない場合が多く、マイカーローンなどと同じように用途外に利用ができないのも面倒で不便な点です。教育資金の範囲内であれば幅広く利用ができるとしても、教育資金以外の例えば生活費としての借り入れは不可となるのです。

 

対してオリックス銀行カードローンをはじめとするカードローンでの教育資金としての借り入れであれば、申し込み時以外は借りたお金の資金使途の申告は必要ないので、教育資金としてでも生活費としてでも幅広く目的にあわせて利用ができます。

 

必要書類もオリックス銀行カードローンであれば希望額300万円までは所得証明書類が原則不要となっているため、一般的な教育ローンと比べて用意すべき書類が少なく済むのも良い点です。

 

金利の負担には注意する

教育ローンと比べて優れている部分が多いカードローンサービスですが、劣る部分も存在します。返済に関わる重要な要素となる金利であり、多くのカードローンは目的型ローンとなる教育ローンと比べて金利が高くなっています。

 

オリックス銀行などの銀行カードローンは限度額や条件次第で費者金融の金利よりも低くはなりますが、それでも教育ローンと比べると金利が高い場合がほとんどです。やはり目的に縛られる教育ローンなどの目的型ローンは金利が低いため、どうしてもカードローンは金利面では劣ってしまいます。

 

しかし、その分だけ利便性や自由度に優れているので、便利に使いたいのであればカードローンでの教育資金の借り入れは悪いものではありません。また、なるべく早くに現金が必要な場合にもオリックス銀行カードローンが最短即日審査回答であるように、教育ローンよりも早い手続きに期待が持てるのも良い部分です。

 

返済計画を持って利用する

しっかりとした返済計画を持った上での教育資金としてのカードローンの利用であれば、金利が高くなるとしても返済はそこまで苦になりません。無計画に借りてしまえば毎月の返済が負担となる場合がありますが、借り入れ前にしっかりとした返済の計画を立てておけば安心です。

 

これは教育資金として借りるカードローンでもその他のローンでも同様で、お金を借りる際にはしっかりとした返済の計画を持つようにすべきです。余裕のある返済を行うためにも、オリックス銀行カードローンもその他の教育ローンの利用も計画的に借りるようにしましょう。