郵送物に不安を感じる方も多い

カードローンの申し込みや契約は来店不要で行えるところが多く、手続きだけであれば誰にも見られずに知られずに進められるようになっています。ただ、契約後に届けられる郵送物によって、家族に借り入れがばれてしまうのではないかと心配になる方も少なくありません。

 

各サービスとも郵送物の面でもプライバシーを守ってくれるので、例えば契約後に届けられるカードや契約書類が入った封筒に関しても、外側にはカードローンの契約書類とは書かれていません。封筒を見ただけでは何が入っているのか分からないので、それだけで借り入れがばれてしまう可能性は低いです。

 

封筒は借り入れ先によって様々

届けられる郵送物の封筒は借り入れ先によって様々で、オリックス銀行カードローンの場合には通常の銀行の業務でも使われるオリックス銀行名が記載された封筒が使用されています。差出人名はオリックス銀行のカードデスクとなり、カードローンに関する記載はされていません。

 

銀行からの封筒は口座開設をしても届くものとなるため、銀行名が入った郵送物が届いてもそれだけで借り入れが分かるわけではありません。封筒を見られてしまったとしても口座開設をしたなどの言い訳はいくらでもできるので、中身さえ見られなければ借り入れがばれる可能性は低いのです。

 

ただ、口座開設をしたとして誤魔化す場合には、なぜオリックス銀行での口座開設をしたのかまでの言い訳を用意しておくと良いでしょう。軽く追求されたときに話がおかしくなってしまうと、中身を見られてカードローン利用がばれてしまうかもしれません。

 

消費者金融だと少し怪しい

銀行でのカードローン利用時には銀行名が入った通常業務で使われる封筒となりますが、消費者金融を利用する際には少し怪しい差出人の封筒が届く場合が多いです。

 

例えばプロミスではパルセンター、アコムではACサービスセンターといった差出人となり、パッと見ただけで何だか怪しい封筒に思えてしまいます。本人限定受け取りの郵便でこれらの差出人名で郵送物が届けば、何らかの隠し事があると家族の方に勘付かれる場合もあります。

 

郵送物でカードローン利用がばれたくない場合には、差出人が銀行名となる銀行カードローンの方が安心です。万が一にも封筒を見られても言い訳がしやすいので、郵送物で家族にばれたくないカードローンなら銀行が良いでしょう。

 

利用明細はWeb交付が一般的

カードローンの借り入れや返済を行った際の利用明細は、今ではWeb交付が一般的となっています。Web上の会員専用メニューで利用明細が確認でき、クレジットカードなどでも多く利用されている交付方法です。

 

オリックス銀行カードローンでも明細のWeb交付を行っており、いくら封筒が銀行名でカードローン利用が分かりにくくなっているとは言っても、利用のたびに明細が届けられてしまうので困ってしまいます。しかし、明細はWeb上で交付がされるので、提携ATMでの利用もインターネットでの振り込みでの利用であっても安心です。

 

オリックス銀行カードローン