300万円まで所得証明書類は原則不要

オリックス銀行カードローンでは希望額300万円までは所得証明書類の提出を原則不要としているため、本人確認書類があれば手続きが進められるようになっています。

 

申し込みの内容や審査の結果によってはその他の書類が必要となる場合がありますが、大きな金額まで所得証明書類不要で手続きが進められるのは利点です。

 

消費者金融で借りる場合と比較をしても、いかにオリックス銀行カードローンが優れているかが分かります。消費者金融の場合には貸金業法によって50万円を超える契約や、他社との合計で100万円を超える契約となる場合には所得証明書類が必要となり、場合によっては少しの金額の借り入れでも書類を用意しなければなりません。

 

しかし、オリックス銀行カードローンでは他社での借り入れを問わずに300万円まで原則不要としていますので、大きな金額を借りる際であっても所得証明書類は原則不要で手続きを進めることも可能です。

 

外出先からでも手続きが進めやすい

本人確認書類と異なり所得証明書類はいつでも持ち歩いているものではないので、例えば外出先からオリックス銀行カードローンへスマートフォンで申し込みをする場合などは、所得証明書類が原則不要となるのは助かります。

 

所得証明書類が不要であればどこにいても申し込みが進められ、審査の結果次第でそのまま契約も可能です。オリックス銀行カードローンでは契約後の借り入れはカードが届いてからとなりますが、提出書類が少なければ契約も素早く進められるので、なるべく早くに借りたい方でも安心です。

 

所得証明書類が必要となった場合

金額や申し込み内容、審査の結果によって所得証明書類が必要となった場合には、オリックス銀行カードローンで定める書類の写しを1通提出しなければなりません。書類の提出が遅れるとそれだけ契約も遅くなってしまうので、を求められた際にはなるべく早めに提出できるように予め確認をしておくと良いでしょう。

 

勤務されている方

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その2)
  • 確定申告書(付表含む)(※)

 

個人事業主・会社を経営されている方

  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その2)
  • 確定申告書(付表含む)(※)

 

※ 税務署の受領印のあるもの。E-tax利用の場合は申告書の写しと受信通知が必要となります。

 

オリックス銀行カードローン公式ページより

 

借り入れ先によっては勤務をされている方は所得証明書類として給与明細でも可としているところがありますが、オリックス銀行カードローンでは不可となります。給与明細であれば用意もしやすいのですが、源泉徴収票などが必要となるために注意が必要です。

 

オリックス銀行カードローン